HISTORY 沿革

エイワイファーマ株式会社設立までのあゆみ

エイワイファーマ㈱の輸液・透析事業は、森下製薬㈱のアミノ酸輸液、清水製薬㈱の電解質輸液、透析液から始まり、
現在へとめぐっています。

1919年  : 日本薬品洋行設立
1941年  : 清水製薬㈱設立
1945年  : 日本薬品洋行が森下製薬㈱に社名変更
1951年  : 乳酸加リンゲル液 ソリタ®の製造を開始(清水製薬㈱)
1955年  : 味の素㈱が森下製薬㈱に資本参加
1956年  : 世界初の純結晶アミノ酸輸液 モリアミン®を発売(森下製薬㈱)
1962年  : 電解質輸液 ソリタ®-Tシリーズを発売(清水製薬㈱)
1966年  : 腹膜透析剤 ペリソリタ®Gを発売(清水製薬㈱)
1970年  : 人工腎臓用透析液 AK-ソリタ®を発売(清水製薬㈱)
1976年  : 総合アミノ酸製剤 モリプロン®を発売(森下製薬㈱)
1979年  : 国内初の高カロリー輸液用基本液としてパレメンタール®を発売(森下製薬㈱)
1981年  : 国内初の病態別アミノ酸製剤として腎不全用のアミユー®(注射・顆粒)を発売(森下製薬㈱)
1982年  : モリプロン®の改良品としてモリプロン®Fを発売(森下製薬㈱)
1989年  : 分岐鎖アミノ酸強化の総合アミノ酸製剤 アミニック®を発売(森下製薬㈱)
1992年  : 森下製薬㈱はルセル・メディカ㈱と合併し、森下ルセル㈱(後にルセル森下㈱に改称)として事業開始
高カロリー輸液用微量元素製剤 エレメンミック®を発売(森下ルセル㈱)
1993年  : 肝不全用アミノ酸注射液 モリヘパミン®を発売(森下ルセル㈱)
国内初の高カロリー輸液用キット製剤としてピーエヌツイン®を発売(森下ルセル㈱)
1996年  : アミユー®の改良品としてネオアミユー®を発売(ルセル森下㈱、日本ヘキスト・マリオン・ルセル㈱)
1998年  : 人工腎臓透析用粉末製剤 ハイソルブ®を発売(清水製薬㈱)
ルセル森下㈱はヘキストジャパン㈱、日本ルセル㈱、マリオン・メレル・ダウ㈱と合併し、ヘキスト・マリオン・ルセル㈱
(現サノフィ㈱)に統合
1999年  : ヘキスト・マリオン・ルセル㈱の輸液栄養事業を味の素㈱が買収し、味の素ファルマ㈱として事業開始(味の素㈱100%出資)
2002年  : 味の素ファルマ㈱と清水製薬㈱の営業部門が統合
2004年  : 世界初の重炭酸リンゲル液 ビカーボン®を発売(味の素ファルマ㈱)
末梢静脈栄養輸液 ツインパル®を発売(味の素ファルマ㈱)
2005年  : 清水製薬㈱と味の素ファルマ㈱の生産部門(埼玉工場、福島工場)、物流部門を統合し、味の素メディカ㈱として事業開始
(味の素㈱100%出資)
人工腎臓透析用粉末製剤 ハイソルブ®の自社製造開始(味の素メディカ㈱)
2006年  : ビタミンB1入り末梢静脈栄養輸液 パレセーフ®を発売(味の素ファルマ㈱)
2007年  : 国内初の酢酸フリー人工腎臓用透析液 カーボスター®を発売(味の素ファルマ㈱)
2010年  : 味の素㈱の医薬事業を分社、味の素ファルマ㈱及び味の素メディカ㈱と統合し、味の素製薬㈱として事業開始
(味の素㈱100%出資)
2013年  : 味の素製薬㈱から輸液・透析事業を分割、㈱陽進堂と味の素製薬㈱が出資し、エイワイファーマ㈱として事業開始
(㈱陽進堂51%、味の素製薬㈱49%出資)
2014年  : 9種の水溶性ビタミン入り末梢静脈栄養輸液 パレプラス®を発売
2016年  : ㈱陽進堂の100%子会社に移行
エイワイファーマ㈱発足までの変遷